2年生のみなさんへ~数学小話③~

家庭訪問で何人かの生徒の方とは久しぶりに顔を見て、話すことができました。はやく学校生活が再開されないか、待ち遠しくなってきましたね。
新たな宿題を受け取って、また気持ちを引き締め直して取り組んでください。その中の宿題リストにあったものはもちろんですが、それに加えて毎日1ページずつ取り組む「夢ノート」もしっかり進めておいてください。
学校からの課題、夢ノート、そしてeライブラリーとやるものは多々あります。6月1日の学校スタートにそなえて、生活リズムを整え、学習面でも体力面でもしっかりと準備をすすめてください。

私が昔あるスマホゲームにはまっていた際、レアリティの高いキャラクターを狙って、何度も「ガチャ」をしていた覚えがあります。ちなみにそのキャラクターは1%の確率で獲得できるものでした。一緒に狙っていた友人は課金までして100回以上ガチャを行いましたが、結局獲得できませんでした。
実は数学的には、1%(つまり100分の1)という確率は、「100回やれば1回は当たる」という感覚は、半分正解で半分不正解です。いろいろと計算をしていくと、成功率1%のことを100回やってみて、1回は成功する確率は3分の2以下になります。皆さんにとってこの確率は高いものでしょうか、それとも低いものなのでしょうか。つまり3分の1の人は100回ガチャを回しても、1回も当たらないのです。もしそのキャラクターがどうしてもほしくて、何度も回したとします。このとき、少なくとも1回は成功する確率がやっと9割を越えるまでには、230回以上はやらなければなりません。
私の友人は100回以上ガチャを行うために、数万円の課金をしていました。3分の2といえば当たる確率の方が高いと感じるかもしれません。しかしその確率は、果たして数万円をかけるに値するものでしょうか。
よく「数学なんてなんの意味もない」という人がいます。数学がわかるメリットは様々あると思いますが、「普通に生きていれば知らないことについて考え、理解することができる」ことは数学を理解しておく大きなメリッとだと思います。

さあ、今日も数学を勉強しようじゃないか!

2年数学担当より