【1年生】楽しく学ぼう② 野草採取のやり方

理科の宿題のレポートと植物標本の作り方について解説します。

 

【手順①】 野草の採取

準備するもの   ・スコップ   ・軍手(あれば) 

根やくき、葉、花を傷つけないように丁寧にほりましょう。

根が1m以上ある植物もあります。

ほった場所は元通りにうめましょう。

植物を傷つけないように細心の注意で作業を行いましょう。

 

【手順②】スケッチ

レポート用紙に採取した植物の「花」「葉」「根」をスケッチしましょう。

○良いスケッチ○

 ・はっきりかく

 ・観察したものだけがかかれている

 ・大きさがかかれている

×悪いスケッチ×

 ・輪かくの線を何本も重ねる、ぬりつぶす

 ・かげがついている

 ・色がぬられている

 ・線などで囲まれている

     

                     例:タンポポの花

【手順③】植物標本作り

根や葉についた細かいゴミ(落ち葉、砂)をとりましょう。

吸い取り紙(新聞紙などでもよい)の上で植物同士が重ならないように形を整えましょう

吸い取り紙の間に植物をはさみます

吸い取り紙の上から固い板をのせます

板の上からおもりをのせます

1日2回程度吸い取り紙の交換を行ます

7~10日おいて、完全に植物が乾燥したら完成です

 

【手順④】 標本の完成

植物が十分に乾燥したことを確認します

台紙の上に接着材やテープで植物を貼り付けます

台紙に採取した植物の名前と採取した日時、採取した場所を記入して完成です

(植物名が分からない場合は教科書の12、13ページを参考にしよう)